バスケ新リーグ

2015.09.01 Tuesday

0

    ■2016年秋開幕 新リーグ参加予定45クラブ最終結果、及び、3地区制分け一覧
    ※3部は地区制の導入はありません。

    【1部】18チーム
    ※東地区
    ・レバンガ北海道
    ・秋田ノーザンハピネッツ
    ・仙台89ers
    ・リンク栃木ブレックス
    ・千葉ジェッツ
    ・トヨタ自動車アルバルク東京
    ※中地区
    ・日立サンロッカーズ東京
    ・東芝ブレイブサンダース神奈川
    ・横浜ビー・コルセアーズ
    ・新潟アルビレックスBB
    ・富山グラウジーズ
    ・浜松・東三河フェニックス
    ※西地区
    ・アイシンシーホース三河
    ・三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
    ・滋賀レイクスターズ
    ・京都ハンナリーズ
    ・大阪エヴェッサ
    ・琉球ゴールデンキングス

    【2部】18チーム
    ※東地区
    ・青森ワッツ
    ・岩手ビッグブルズ
    ・パスラボ山形ワイヴァンズ
    ・福島ファイヤーボンズ
    ・サイバーダインつくばロボッツ
    ・群馬クレインサンダーズ
    ※中地区
    ・東京エクセレンス
    ・アースフレンズ東京Z
    ・信州ブレイブウォリアーズ
    ・豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
    ・西宮ストークス
    ・バンビシャス奈良
    ※西地区
    ・島根スサノオマジック
    ・広島ドラゴンフライズ
    ・高松ファイブアローズ
    ・大分・愛媛ヒートデビルズ
    ・熊本ヴォルターズ
    ・レノヴァ鹿児島

    【3部】9チーム
    ・埼玉ブロンコス
    ・大塚商会アルファーズ
    ・東京海上日動ビッグブルー
    ・東京サンレーヴス
    ・東京八王子トレインズ
    ・アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城
    ・豊田合成スコーピオンズ
    ・金沢武士団
    ・ライジング福岡


    実力のJBLとエンタメ路線のbj。国際大会の出場権消滅を受けて、それを回避するためにも来年秋から統一され、振り分けが↑。ライジング3部。個人的に、関心も興味もないんで署名とかせんかったけど、三部でも署名で集まった人数おれば満員やろ。というか、冷静に言って、福岡に三部チームとか応援する土壌は育って無いと思うけどね。ただでさえ、ホークス偏重な現実で、井原アビスパおるし、ライジングもそういう「売り」作らないと。今回2部を見送られた主要因である胸スポンサーは埋まらんと思うけどね。ワイドなショーで取り合げられて、ようやく興味持つという感じな現状。そのようなというか、それでも興味持たん人は多いと思うけど、福岡のスポーツ文化の一端を担ってるだけに今後の展開は注目しとう。あんだけ署名集まるんなら、アリーナは凄い大盛況やろ(笑)

    ■所属が確定したクラブの選考基準について
    今回、所属リーグが確定したクラブは、2015年3月25日のJAPAN 2024タスクフォース会議のプレスリリースで提示した基準をもとに下記のような基準で選考しております。

    【1部】
    今回は、基準との乖離の解消見込を確認し、相対評価をしたうえで、総合的に判断しております。
    「ホームアリーナの入場可能数5,000人」、「年間試合数の8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」「年間売上2.5億円」という条件を中心に総合的に判断しております。

    【2部】
    今回は、基準との乖離の解消見込を確認し、相対評価をしたうえで、総合的に判断しております。
    「ホームアリーナの入場可能数3,000人」「年間試合数の原則8割のホームゲームを実施できるホームアリーナの確保」「年間売上1億円」という条件を中心に総合的に判断しております。

    【3部】
    アマチュアクラブ、2部の基準を満たしてはいるが相対評価の結果2部とならなかったクラブ、2部の基準を満たしていないクラブが対象となっております。

    JUGEMテーマ:bjリーグ(プロバスケットボール)
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL